ピーターパン        ※現在休演中

 

 

 

ウエンディの部屋に忘れた自分の影法師を探しにやってきたピーターパン。
ウエンディにその影法師を縫いつけてもらい二人は友達になります。
いろんな物語のお話を知っているウエンディ。

ピーターパンは子どもたちにそのお話を聞かせに、ネバーランドへいっしょに行こうと誘います。

 

窓から飛び出した二人は妖精のティンカーベルとともにネバーランドへ向かいます。
まもなく到着!というその時、

フック船長率いる海賊たちがピーターパンをめがけ大砲を放ちピーターパンとウエンディは離れ離れになってしまいます。

 

ネバーランドの森でたおれているウエンディを迷子の子供たちが助けます。
ウエンディの優しさに自分の母親のような愛情を感じた迷子たちはすぐにウエンディを慕うようになりました。

 

そこへまた海賊たちがやってきてウエンディたちを捕まえようとしますが、間一髪!

ピーターパンが現れ、海賊たちに勇敢に挑みます。
しかしそこへフック船長が唯一怖がっている人食いワニが現れ、海賊たちは退散します。

ワニはフック船長の左腕が食べたくてたまらないのです。

 

無事に森へ帰り、ウエンディは迷子たちにとある家族のお話をしました。

迷子になった息子の帰りをまつ、おかあさんのお話です。

そのお話を聞いたピーターパンは突然怒りだし、ウエンディと喧嘩をしてしまいました。

迷子たちを連れておうちに帰ろうとするウエンディでしたが、その途中、またまた海賊たちにおそわれてしまいます。

 

家族のこと、友達のこと。

 

たくさんのことを、いっぱいいっぱい考えて

ピーターパンはフック船長との最終決戦に向かうのでした。

ウエンディとピーターパンの友情の物語の結末は…


上演時間  45分

編成    15名

出演    司会のおねえさん/ピーターパン/ウエンディ/フック船長/海賊の手下A・B/

      迷子A・B/ワニ/ティンカーベル(光)

脚本    福嶋誠一郎
演出    山本美智子
振付    脇坂舞美
音楽    尾飛良幸
美術    いげたゆかり